2年生対象 主権者教育
 平成30年2月5日(月)、英姿館(講堂)にて2年生を対象とした主権者教育が行われました。講師に広島市選挙管理委員会の方々をお招きして、選挙の種類や方法について、また昨今の選挙事情について教えていただきました。生徒は選挙の重要性や、私たちの身近な問題として政治に関わることの大切さを学んだようでした。講義の後半では模擬投票を行い、投票をする際の決まり事や実際にどのように選挙投票を行うのかについて体験しました。
 2年前の法律の改正により、18歳から選挙権を持つようになりました。今回講義を受けた2年生が3年生になると、「主権者」として投票する立場になります。この講義をきっかけに、自分たちの暮らす社会について興味や関心を持ち、日々学んでほしいものです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ホームに戻る